28新型コロナ公費負担番号都道府県一覧

新型コロナウイルスの保険算定の要件をピックアップ

実施体制の整備より、 十分な感染予防策がとられており、診療体制の整った医療機関で実施する観点から、 当面の間、感染症指定医療機関、帰国者接触外来と同様の機能を有する医療機関として都道府県が認めた医療機関とする。
PCRは契約書を取り交わすと保険算定可能。

新型コロナウイルス感染症患者などを個室に入院させた場合は A220-2「二類感染症患者療養環境特別加算」が算定可能
(令和2年2月14日 臨時的取り扱い参照)

電話診療可で外来診療料の算定可。 この際、レセプト概要欄に電話による旨及び当該診療日を記載すること。
(令和2年3月2日臨時的取り扱いその3参照)

救急医療加算1 新型コロナウイルス感染症患者の入院診療にあっては 医師の診断の結果緊急に入院が必要であると認めた患者について算定可能。
その際、最長14日可能。確定でなかった場合は従来どおり7日間。

新型コロナウイルス感染症の入院診療にあっては第二種感染症指定医療機関の 指定の有無に関わらずA210の2「2類感染症患者入院診療加算」が算定可能

新型コロナウイルス感染症(疑い患者含む)の診療の際は時間帯問わず、外来のみ「院内トリアージ実施料」が算定可能
(令和2年4月8日 臨時的取り扱いその9参照)

精神科を担当する医師が一定の治療計画をもとに精神療法を継続していた患者に 電話等を用いて精神療法を行った場合は8000び2「特定疾患療養管理料147点」が算定可能
(令和2年4月22日 臨時的取り扱いその13参照)

PCR検査を実施する上で必要な情報を文書により提供するにあたって 保健所を診療情報1注2市町村に準じるものと解釈して算定してもよい →発生届けも含めると解釈しています
(令和2年4月24日 臨時的取り扱いその14参照)

入院での抗原検査及びPCR検査などは出来高入院料は算定可能。
またDPC算定患者はレセプトを別に算定可能。
特定入院料(例えば回復期リハビリテーション病棟入院料など)に関しては包括
(令和2年5月22日 臨時的取り扱いその18参照)

最後に 新型コロナウイルス感染症に関連する項目は患者自己負担なし。
自己負担部分については患者が支払う必要がある。

通知についてわかりやすくまとめられた場所
自治体・医療機関向けの情報一覧(事務連絡等)(新型コロナウイルス感染症)
東北厚生局 新型コロナウイルス関係 抜粋、最近更新が適当

接触者外来開設への道

28都道府県別感染症番号